オタクがデリヘル呼んだら写真詐欺された話

タイトル通り。

 

休みの日にとくにやることがなく暇をもて余してた僕はとりあえず風俗じゃぱんを閲覧した。

 

なんか良さそうな風俗店ないかな~って見てるとホテル代込みで90分1万5千円の安い風俗が見つかる。

 

こんなん怪しすぎて誰も利用しないやろwwwwwwwwwwwwwwwwww

と思いながら出勤嬢のオプションを見てると飛びっ子が目に入る。

 

説明しよう!

飛びっ子とは、リモコンローターのことである!つまり待ち合わせから飛びっ子を利用してあんなことやこんなことができるぞ!

エロ動画やエロ同人誌を読んでるオタクなら誰もが憧れるシチュエーションなのだ!

 

彼女にローター入れながら晩ごはんの買い物に行くのが僕の夢です。

 

これはヤるっきゃねぇ!と思い早速今日の出勤嬢を確認。良さそうな娘が見つかりオプションの確認。

 

飛びっ子を発見。

 

うおおおおおお

乗り込めええええええええぇぇぇぇぇ

 

電話をし予約。すると電話相手から「飛びっ子はお客様自信で用意をしてもらいます」

僕「あっ…(リモコンローター未所持)」

 

しかしここで引き下がるわけにはいかない。顔は清楚系で好みだしこのままプレイしたい

なにより風俗探すのに1時間も掛かった。

そこで導かれる答えはただ一つ。

 

僕「15:30から予約お願いします」

 

15分で身支度をし電車に乗るオタク。彼の気持ちは高ぶっていた。今からあの清楚な嬢とあんなことやこんなことができるのだと。

 

デジモンソングを聴きながら目的地に向かう。

 

無限大な夢がそこで待っている

 

目的地に着きラブホへ向かうとそこには警察官と救急車がいた。オイオイオイ、入れないわこれ。

 

とりあえず電話しどうすれば良いか確認。

「隣のホテルに入ってください」

 

仕方なく隣のホテルに行く。ホテルに入るときいつも知らないおばあちゃんに話掛けられるんだけど話を掛けられたあとホテルに入りにくいのでやめてください。

 

ホテルに入りテンションMAX。楽しみすぎて写真を撮りました。今日は僕は大勝利するというブログの為に。。。


f:id:parrys_poke:20170922211144j:image

 

狭い。めっちゃ狭い。でもベッドがフカフカだったので許した。

 

5分くらい待ってるとインターホンが鳴る。

待ってました。お待ちかねの清楚系!w

 

ドアを開けるとそこには、太った女がいた。


f:id:parrys_poke:20170922211449j:image

 

僕はすべてを察しもう戻る場所なんてないたどり着く場所を探す

 

ない

 

写真で見た清楚な娘が。そりゃ写真と若干違う部分はあるかもしれない。でもよぉ…これはないだろぉ…;;

 

せめて、せめて雰囲気作りだけは…

 

…が、現実は非常。雰囲気作りもクソもない悲しき結末。

 

とくに何もなくとりあえずフェラで抜いてもらって終わり。残りの時間はクソつまんねぇ話を延々とされました。

 

もう広島の風俗は使いません。

 

僕の戻る場所は東京の風俗にある。

 

僕のちんこが折れねぇ限り、風俗通いは…続く…っ!

 

ちなみに女はこんな体でした。この嬢は送りバントして次のおっさんにすべてを託します。頼んだぞ…!
f:id:parrys_poke:20170922212243j:image

 

 そんなこんなで大失敗のデリヘルチャレンジでした。チャンチャン🎵

 

写真詐欺には気を付けよう!

後で上司に話したところ、写真とウェストはちゃんと見とくべきと教えられました。